投稿

地鎮祭

イメージ
8月28日(金)朝から猛烈な日差しが照り付ける中、地鎮祭が執り行われました。 工事が始まってからわずか一か月半で、古い園舎の姿は跡形もなく消え、まっさらな更地になってしまいました。 来年の春には、ここに新しい園舎が建ちます。どうか無事に工事が進みますように。


取壊し工事

イメージ
その後、解体工事も順調に進み、みるみる園舎が消えていきます。島谷先生が毎日、毎日、休みの日にも、消えていく園舎の写真を撮り続けてくれました。



最初に壁に穴が開いた時はとてもショックで、私の心にもぽっかり穴が開いてしまったかのようでした。


子どもたちの声が聞こえなくなった代わりに、今は重機の唸るような音だけが鳴り響いています。



今月の終わりには更地になって地鎮祭を行う予定です。







懐かしい顔がたくさん!

イメージ
園舎のお別れに来ていただいた際に撮った写真を掲載いたします。
多くの方に来ていただいたにもかかわらず、ついつい思い出話に花が咲いてしまい写真を撮り損ねてしまった方々、どうもすみません。
新園舎が出来上がったら、またぜひ遊びに来てくださいね。




















たくさんのありがとう

イメージ
『赤沢保育園ありがとうの木』にたくさんのメッセージの花が咲きました。


お忙しい中、わざわざ保育園まで足を運んでいただいた皆さま、どうもありがとうございました。

53年間、たくさんの子どもたちを育んでくれたこの園舎ともいよいよお別れです。




明日から園舎取り壊しの工事が始まります。

明日はいよいよ最終日

イメージ
今日はたくさんの方々が園舎にお別れに来てくださいました。
テレビの影響力はすごいですね、職員一同、感謝感激です!
明日はいよいよ園舎開放最終日。
園舎開放は午前9:00~11:00、午後14:00~16:00の間ですが、おそらく午前中はお昼過ぎまで、午後も可能な限り園舎を開けて皆さまのお越しをお待ちしております。
『行きたいけれど時間にどうしても間に合わない!』という方はぜひ園までご連絡ください。


たくさんの、たくさんの花で『赤沢保育園ありがとうの木』を満開にしてください。

赤沢保育園が明日の朝のテレビに出ます